Top

英国ボビンレースとファブリックボックス(手縫いの布箱)を愛するVineのアトリエから
by vinelace
カテゴリ:おでかけ( 8 )
京都観光案内
f0136308_10252159.jpg
1/21(土)、来日されたボビンレースの先生の息子さんご夫婦と、京都観光をしてきました。毎月21日に東寺で開催される「弘法さん」、この日は今年の初弘法でした。前日まで降り続いた雨を心配していましたが、この日は朝から曇空。「なんとかなりそう!」と、ホテルまでピックアップに行きました。「初めまして」の挨拶もそこそこに東寺に到着。とっても感じの良い2人で一安心です。

「弘法さん」では、たくさんの買い物と、試食と、写真撮影、とても楽しんでいただけたようでした。説明もしながら、楽しんでいる2人の様子を撮影する私は大忙し。初めての来日、そして初めての市、見るもの全てに興味深々の2人に、お店の方々も嬉しそう。「鯛焼き」を焼く様子を見つめる2人に、「ジャパニーズトラディッショナルフードって言って」とお店の方。はい、ちゃんと伝えました。「食べる?」と聞くと、餡子は苦手とのことで、「カスタードもあるよ」と言うと即座に「食べたーい」と。うーん、やっぱりカスタード好きなイギリス人だわ。隈なくお店を覗いて約3時間を過ごし、雨が降り始めたのでそろそろ次へ。

その後、伏見まで移動して酒蔵訪問。左下の写真は、ランチを頂いたお店の方に撮っていただいたのですが、写っている私達は「新酒飲み比べ」をして全員赤ら顔なのでトリミングしておきました012.gif。リラックスした楽しい1日を過ごしました。「とっても楽しかった。今度はヨーロッパで会おうね~」のメールをいただきホッと一安心。

OIDFA神戸と阪急百貨店「英国フェア」での実演と、過去に2回来日された先生からも、「もう1回日本に行きたいわ。その時は連絡するわ。それより今度いつイギリスに来るの?」と。息子さんご夫婦が、先生に素敵なお土産を購入されたことは、まだ内緒。イースターホリデーの時に会って渡す予定とのことなので、それまで秘密を守らなければ。

I went to "Hatsu Kobo" at To-ji Temple in Kyoto with my bobbin lace tutor's son and his wife on 21st January. On the grounds of To-ji Temple, flea markets are held regularly every month. In particular, the first markets of the year are called, "Hatsu Kobo". More than 1000 open-air booths selling antiques, local specialty goods, plants, gardening items, pottery, and used clothes.


作品展まで残り3週間になりました。いよいよ準備の忙しさも佳境に入ります。

English Lace Club - Vine作品展2012 
-英国ボビンレースとファブリックボックス-
■2012年2月21日(火)~26日(日) 11:00-18:00(最終日15:00)
■ギャラリーみすや



↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2012-01-30 09:48 | おでかけ
古本市
f0136308_14252978.jpg

お盆の間、京都の下鴨神社で開催された「古本市」に行きました。正式には「下鴨納涼古本まつり」と言うようです。
f0136308_14442169.jpg

うっそうと木が茂る糺の森の両側に、30軒以上の古本屋さんのテントが並ぶ様子は、本好きの私には天国のよう。ほのかに香る「蚊取り線香」の匂い、そして古い本独特の匂い。声高におしゃべりをする人もなく、皆本好きと思しき老若男女は、それぞれに好みの古本屋を覗き1冊1冊丁寧に探していました。私も夢中になってテントからテントへ歩きまわり、思わず「おーっ」と声を上げてしまうほど珍しい本にも出会い、袋一杯の戦利品を手に会場を後にしました。

次回は10/30(金)-11/3(火) 「秋の古本まつり」 at百万遍知恩寺
今から楽しみだわ

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2009-08-18 14:54 | おでかけ
四つ葉のタクシー
f0136308_7143166.jpg

3連休は、京都を訪れた友人の観光ガイドとして、連日紅葉の名所に行きました。観光客でごった返す京都市内から離れた、鞍馬寺や比叡山などをお奨めしましたが、「南禅寺は外せない!」との声に渋々車を走らせた私でした。テレビでもよく紹介される南禅寺周辺は、車道は車や観光バスで大渋滞、歩道は人で溢れてパニックでした。ふと前を見ると、ヤサカタクシーが。「ん?あれって四つ葉タクシー?」 そうです! あの「四つ葉タクシー」が目の前を走っているのです。043.gif 大渋滞で進まない車の中から撮ったのが上の写真です。

「三つ葉のマーク」がシンボルの京都のヤサカタクシーでは、約1400台のタクシーのうち4台が「四つ葉のタクシー」で、幸せを運ぶと言われています。予約は受け付けないそうで、流しで市中を走っているのを見つけないと乗ることができません。今回は運転する車から見ただけでしたが、渋滞にはまった約30分間幸せな気分を味わいました。(翌日、車に乗っていた全員に良いことがありました!)

皆様にも、幸せ気分のおすそ分けです。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-11-28 07:29 | おでかけ
「生活と芸術-アーツ&クラフツ展」
先日紹介した「生活と芸術-アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」に行ってきました。(at京都国立近代美術館 11/9まで開催 UK-Japan2008公認プログラム)
f0136308_1626186.jpg

とても良かったです。展示の前半は、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)との共同企画で、多くの展示品がV&Aの収蔵品でした。特にウィリアム・モリスのデザインによる、多くのファブリック、書籍、グラフィックetc. 圧倒される美しさにドキドキしながら、ただただ見つめる私。後半にはアーツ&クラフツの影響を受けたオーストリア、ドイツの芸術家による作品、そして日本の工芸まで。約280点の展示品、その美しさを満喫しました。この時代にデザインされたものは、100年以上経た今尚、古臭さをまったく感じさせず、思わず手に取ってしまいたくなるほど魅力的でした。

紅葉にはまだ早い3連休の京都。会場の岡崎周辺は観光客でごった返し、道行く市バスは人でいっぱい。でも、美術館はそれほど混むことも無く、静かにゆったりと見ることができました。売店でウィリアム・モリスのファブリックを使用したブックカバーを購入。4種類のなかから、悩みに悩んで「Brother Rabbit」をチョイス。読書が楽しい秋になりそうです。

このあと、東京でも展示が予定されています。
2009年1月24日-4月5日 東京美術館

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-11-03 16:57 | おでかけ
レース&ボックスデイのご案内
日時 : 2008年2月23日(土)
      12:30-16:30
     (お好きな時間にお越しください。そして、お好きなだけ過ごしてください。)
場所 : びわ湖大津館 3F 315会議室

受付終了しました。

当日は、ボビンレースでネックレスを作ります。 また、以前購入したファブリックボックスキットをまだ作っていない方や、作り方が分からなかった方の質問も受け付ける予定です。どうぞお気軽にお越しください。

ファブリックボックスの1dayレッスンを開催します。 ファブリックボックスは手縫いで仕上げる布箱です。どこにも針目は見えませんが、カーブ針という特殊な針を使用して縫っています。
f0136308_8174827.jpg



English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-02-07 08:31 | おでかけ
観光ガイド
f0136308_1401651.jpg

この年末年始は、イギリスからクリスマス休暇を利用して来日した友人に、ほぼ連日付き合っていました。日本を十分満喫して、イギリスから連れてきた風邪をお土産に残し、昨日の飛行機で帰っていきました。ともかく、「また来るね」、という笑顔にホッとした私です。

初めて日本を訪れた友人にとっては、目にするもの全てが興味深かったようで、撮った写真もハンパな枚数ではありません。意外な場所を気に入ってくれたり、逆に、「ここは!」と思うところで今ひとつな反応だったり・・・。食事についても同様です。ロンドンには日本食レストランも多く、また回転寿司ブームもあり、日本食には慣れているようです。ただ、日本人が食べておいしいと思う日本食と、外国人のそれとは少し違うこともあるみたいです。お節料理は、彼らが食べやすいように「たたきごぼう」にマヨネーズを加えてみたり、「ぶり大根」の代わりに焼き豚にしたり。

それにしても、友人が持参していた外国人向けガイドブックの面白いこと。京都の神社の案内はもちろん、「へえー、こんな事まで」と日本人の私が思うようなことまで、事細かに書かれていて見入ってしまいました。大阪にある日帰り温泉まで紹介されていて、はい、一緒に行きましたヨ。

ある日一人で地図を見ながら立っていると、何人かの方が英語で話しかけて行き方を教えてくれ、そのことがとても嬉しかったそうです。私自身も、海外で道を教えてもらって嬉しかったことが何度もあるので、京都などで外国人観光客の方が困っている雰囲気だと、話しかけることにしています。時には、その方が流暢な日本語で話されて、赤面することもあるのですが・・・。まあ、気持ちですから。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-01-07 14:51 | おでかけ
安宅コレクション
2ケ月ほど前、5月のことですが、開催中の特別展「美の求道者・安宅英一の眼-安宅コレクション」を見るために、大阪市立東洋陶磁美術館に行きました。
f0136308_121527100.jpg

今年初め、テレビで放送された「ザ・商社」というドラマを見ました。(地上波だったのか、BSまたはCSだったのか忘れました...) 1980年にNHKで放送された番組だそうです。原作は、1977年の安宅産業破綻をモデルにした、松本清張の「空の城」です。つまり、その安宅産業の相談役であり、音楽や美術のパトロンとしても有名だった安宅英一氏の陶磁器コレクションが展示されているです。ドラマを見て、はじめて安宅産業のことを知ったのですが、和骨董好きな私はコレクションにも興味を持ちました。

f0136308_13412052.jpg 展示では、コレクションに情熱を傾けた安宅英一氏の逸話なども紹介されていました。膨大な数でしたが、分り易い説明が添えられていて私も十分に楽しむことができました。それに久しぶり訪れた中ノ島のバラ園。一眼レフの本格的なカメラを手にして、超接写でバラを撮るオジサマ達に混じって、コンパクトデジカメで撮る私。お邪魔にならないように、誰もいない隙にパチリ。
[PR]
by vinelace | 2007-07-02 12:44 | おでかけ
大人の遠足
生徒さんたちと「大人の遠足」と称してお出かけすることがあります。今回は久しぶりの「大人の遠足」です。
f0136308_9421154.jpg

京都のユキ・パリスコレクションに行って来ました。この日は午前中レッスンがあり、その後、他の教室の生徒さん達も交えて出かけました。桜は終わりごろでしたが、南禅寺から哲学の道へ続く道は、たいへんな人出でした。忙しくてお花見もしていなかったので、丁度良い機会となりました。

ミュージアムでは、今年1月に出版された「フローラ ヨーロッパ花の手仕事」に掲載されている刺繍等が展示されていました。本で見ても美しいのですが、実物はそれ以上の美しさです。本当に間近に作品を見ることができるのが、このミュージアムの素晴らしいところです。もちろん常設のレースや刺繍等も見て。1Fのショップでは、ユキ・パリスさんご本人に色々アンティークの説明をして頂いて。堪能して帰途に着きました。

日曜日だったことや、午後からの遠足だったため、残念ながらゆっくりお茶をすることもできませんでした。またゆっくりお出かけしたいものです。また企画してください。次は作品展が終わってからかな。
[PR]
by vinelace | 2007-04-20 09:45 | おでかけ