Top

英国ボビンレースとファブリックボックス(手縫いの布箱)を愛するVineのアトリエから
by vinelace
Vine
英国ボビンレースとファブリックボックス教室主宰。
English Lace Club - Vine

*このブログ内の全ての文章、画像、及び作品の著作権はEnglish Lace Club - Vineに帰属します。無断複製、転用、転載は固くお断りいたします。Copyright (C) 2007-2017 English Lace Club-Vine All rights reserved

mail

ブログパーツ
カテゴリ
全体
ボビンレース
チャリティパターン集
SummerScool
ファブリックボックス
ファブリックボックスFAQ
皆さんの作品
作品展
イギリス
おいしいもの
おでかけ
お気に入り
お知らせ・ご挨拶
思うこと
以前の記事
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:思うこと( 1 )
「原発のウソ」
f0136308_1043321.jpg

東日本大震災以降、原発事故のことについて、レッスン中に話題になることが度々ありました。特に、原発銀座と呼ばれる福井県の隣県である滋賀県でのレッスンでは、皆さんが真剣に受け止めていらっしゃることを感じていました。今福島でおきている状況は、いつ私の身の回りで起きてもおかしくない事なのです。飛散する放射性物質が関西の水瓶、琵琶湖を汚染すれば、影響はたちまち関西地方全域に及びます。いつもは穏やかなレッスンも、この話題がでると真剣なディスカッションの場に変わったことも。

そんな時読んだのが、「原発のウソ」 小出裕章著 扶桑社新書でした。専門知識のない私が読んでも分かり易い、平易な文章で書かれおり、この問題について私なりに理解することができました。

私は一手芸講師にすぎません。レッスンでお会いする方に、手芸以外の事を指導したり、紹介することは決してありません。また、手芸に関係ないことについての、私の意見や考えを述べたり、押し付けたりすることも決してありませんが、「特例として」クラスで紹介したところ、既にご存知の方も多く、何人かの方はその後購入して読まれたそうです。

週末、著者の小出先生の講演会が大津市で開催されました。
(10月9日 「福島第一原発事故の真実」 主催 滋賀県保険医協会 於 大津市民会館)
会場を埋め尽くす人々。2時間の講演会は充実の内容で、あっという間に終わりました。

最前列、かぶりつきの席に着いたことろで、知り合いご夫妻が挨拶にきてくださいました。その方々は、舞台正面反対側のかぶりつき席に座られたそうです。講演会後も、知り合いにバッタリ。関心の高さが分かりました。

日本人として、長期にわたって向かい合っていかなければならない問題です。

(手芸ブログなのに、全く関係の無い内容で本当に申し訳有りません。どうぞ「特例として」お許しくださいませ)

↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2011-10-12 11:13 | 思うこと