Top

英国ボビンレースとファブリックボックス(手縫いの布箱)を愛するVineのアトリエから
by vinelace
カテゴリ:皆さんの作品( 37 )
7月のレッスンから
アンティークのボビンレースの型紙作りに忙殺されていた7月の生徒さんの作品を紹介します。まだiPhoneで撮影したものもが残っています。右手首の様子をみながら、徐々に復活していきますので気長にお待ちください。

f0136308_164536.jpg
worked by 奈良教室Yさん
蓋のリボン刺繍もYさん作です。いつも作品にあわせて、蓋部分にリボン刺繍をされます。素晴らしい!

f0136308_16511931.jpg
worked by 奈良教室Nさん
初めてのファブリックボックスです。頑張りました~。

f0136308_1652126.jpg
worked by 阿倍野教室Aさん
ハンカチで作った「ヴィクトリアンソーイングボックス」。レースも使って豪華な仕上がりです。

f0136308_16531086.jpg
worked by 阿倍野教室Iさん
蓋にはスタンプワークと呼ばれる刺繍。可愛い丸型ボックスが出来上がりました。刺繍にも、ボビンレースにもある「リーフ」と呼ばれるステッチ。作り方は同じです、そして同じように綺麗な形を作るのが難しいのです。

f0136308_1656087.jpg
designed by Rieko Tamura and worked by 上本町教室Mさん
三角形のスタート&エンドの練習パターンです。ほら、花の部分に「リーフ」がたくさん! リーフの練習パターンでもあります。Mさん、綺麗にできました。テーブルマットのコーナーに付けて。

手首が痛いので、今日はここまで。


↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2011-09-01 16:50 | 皆さんの作品
ファブリックボックスいろいろ
f0136308_7221770.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 草津教室Kさん
以前紹介した「台形トレイ」を作られました。布の模様を生かしています。細部まで美しい!

f0136308_7233945.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 草津教室Sさん
(最近すっかり作風が変わったと噂の)Sさんの「ジャパニーズボックス」。中に使用した布はハンカチ。可愛い。

f0136308_7235139.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 草津教室Kさん
入会間もないKさん、初めての「ヒンジ付き蓋ボックス」。頑張りました~。布合わせも素敵ですね。

今月もたくさん出来上がりました。来月も頑張りましょう。


↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2011-06-27 07:35 | 皆さんの作品
ヴィクトリアンソーイングボックス
f0136308_6572100.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 阿倍野教室Sさん

Sさんのヴィクトリアンソーイングボックスが完成しました。布はリバティ。内側には、ポケットとリボンを付けました。中央には、これもSさんの手によるポシャギのピンクッション。細部まで本当に美しく仕上がりました。素晴らしい!

前の記事では、ボビンレースに刺繍を合わせた作品を紹介しました。今回はイギリスの手芸ファブリックボックスに、韓国のポシャギです。私だけでは思いつかない組み合わせです。皆さんの作品を見せていただく事は、クラスをしている大きな楽しみの1つです。(それと皆さんとのお喋りもね~001.gif


↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2011-06-21 07:09 | 皆さんの作品
トーションレースのエッジ
f0136308_822871.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 上本町教室Mさん

上本町教室のMさんの作品です。(以前紹介したMさんとは別の方) トーションレースのエッジのパターンを、大きなサイズで作られました。中の刺繍もMさんによります。「随分前に刺繍した物が生きました」とのこと。大満足の笑顔とともにパチリ。038.gif

f0136308_82641100.jpg
Designed by Rieko Tamura and worked by 上本町教室Mさん
こちらも同じMさんの作品。トーションレースのドイリーのパターンです。オーガンジーで作ったポーチに付け、更にビーズで飾られています。素敵なアイディアですね。

<業務連絡>
上本町教室のMさんとMさんへ
次回レッスンでは、先日お話したプロジェクトの作品作りに入ります。プリッキングの材料・道具、空ボビン、ピローをご持参ください。よろしくお願いします。


↓ランキングに参加しています。下のバナーを”ワンクリック”ご協力頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村

f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2011-06-16 08:39 | 皆さんの作品
ヴィクトリアンソーイングボックス
前の記事で、和風のヴィクトリアンソーイングボックスを紹介しました。Kさんは縮緬細工の収納&ディスプレイボックスとしてこの形のファブリックボックスを作られました。他のクラスでも、続々と仕上がっています。
f0136308_7511073.jpg
製作(左上)阿倍野教室Yさん (右上)阿倍野教室Iさん (左下)石山教室Oさん 製作指導R.Tamura

蓋を開けると、側面がパタパタと開くのが可愛いヴィクトリアンソーイングボックス。Yさん、リバティの柄あわせも見事にできました。刺繍をされるIさんは、蓋にイニシャルを刺繍して本当にオリジナル作品。筆記用具を入れたいと希望されたOさんは、3面の側面はリボンで止めて使い勝手良く。

レッスンカリキュラムが進み、ヴィクトリアンソーイングボックスを作る頃には、皆さん本当に上手になられます。この頃には、作り方を覚えるだけでく、完成度の高い作品作りに向けて細部にまで気を配るようになられ、「一皮むける」そんな言葉で表現するのがピッタリな感じ。そして完成した作品を拝見し、確認印を押し、写真を撮らせていただく時の嬉しそうな、そして誇らしそうな表情。講師冥利に尽きます。

10月のレッスンでも、皆さんの作品を拝見するのを楽しみにしています。

056.gifファブリックボックス1日レッスン開催します
10/29(金)or10/30(土) at京都の布地屋Kitchen Clubさん


f0136308_11324648.jpgEnglish Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2010-09-24 08:09 | 皆さんの作品
着物生地のファブリックボックス
f0136308_100748.jpg
製作 草津教室Kさん 製作指導 R.Tamura(ファブリックボックスのみ)

写真は草津教室のKさんが作られたパッチワークのファブリックボックス。生地は着物の八掛(はっかけ)に使用するもの。着物の裾にちらりと見える部分にまでこだわった日本人の美意識の高さ。ぼかし染めの美しさを利用して作られたパッチワークのファブリックボックスとお花。Kさんのセンスの良さと、手の綺麗さもあり、本当に美しいファブリックボックスに仕上がりました。

このボックスを拝見して思い出したのは、レッスン帰りに立ち寄った展示会。
f0136308_10172686.jpg
京都文化博物館で開催された「池田重子コレクション 岡重コレクション」(既に終了)。 池田重子さんのコレクションの素晴らしさは既に知っていましたが、株式会社岡重さんの明治・大正・昭和初期の羽裏(羽織の裏)のコレクションが本当に素晴らしかったのです。人目に触れないところに凝る、ひそかな、そして本当の贅沢。図柄、色彩、どれをとっても芸術品の域に達した美しい羽裏の染見本帳。当時の人々の美意識の高さと、職人の技の素晴らしさに圧倒されて会場を後にしました。


もうすぐ6月。今日も私はボビンレースを織っています。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2010-05-28 10:33 | 皆さんの作品
キットから
ハーダンガー刺繍の先生をされている「刺繍の杜」のSさんから、ファブリックボックスキットが完成したとメールをいただきました。ブログ「お針子日記」で紹介されていますのでご覧ください。

ハーダンガー刺繍とあわせたファブリックボックスがとても素敵です。ファブリックボックスの生徒さんは、刺繍をされる方が多く、刺繍をした布を蓋や側面に使われます。皆さん、参考にしてくださいね。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2009-11-05 11:44 | 皆さんの作品
やっぱりリバティ
京都の布地屋Kitchen Clubさんで開催したボビンレースとファブリックボックスの1日レッスンが終わりました。ボビンレースは、ボビンを触るのも初めての方ばかりで、緊張で固い表情からスタートし、徐々にリラックス。終わるころには和気藹々と。全員「しおり」を無事に完成されました。

ファブリックボックスの方は、当日リバティの布を各自お選びいただくところからスタートしました。
f0136308_15212099.jpg

Kitchen Clubさんのリバティのハギレの種類が多くて、多くて・・・。皆さん、なかなか決められません。私も一緒になって悩みました。布好きが集まって、たくさんの布を前にすると、もう止まりません。至福の時間でした。参加された皆さんは全員が初対面でしたが、「布好き」「手芸好き」の共通点があるせいか、最初から最後まで楽しい雰囲気でレッスンも順調に進み、全員無事に完成されました。どのバスケットもとても可愛いですね。

どちらのレッスンとも、皆さん遠方からお越し頂き、本当にありがとうございました。笑顔でお帰りになる姿をお見送りして、私もホッとしました。

Kitchen Clubさんから「次回も是非!」と声をかけていただきました。また楽しい1日レッスンを企画したいと思います。

ご参加いただいた皆様、このような機会を与えてくださったKitchen Clubさん、本当にありがとうございました。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2009-08-03 15:33 | 皆さんの作品
10月のレッスンから
f0136308_7101540.jpg


今頃ですが、10月のレッスンから。10月の後半は、諸般の事情により1週間ほどネット無し生活を送り、その間に写真の加工は終わっていたのですが、掲載するのを忘れていました。いつも楽しみにしてくださっている皆さま、申し訳ありません。10月も、可愛いファブリックボックスがたくさんできましたね。

「古い着物なんですよ」と、Nさん。(左上) 思い出の詰まった着物、ファブリックボックスに生まれ変わりました。


English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-11-21 07:25 | 皆さんの作品
9月のレッスンから -2
f0136308_18465380.jpg

English Lace Club - Vineのファブリックボックスレッスンでは、布は各自自由にお持ちいただいています。同じ形でも、布も大きさも違えば、全く別の「あなたの」ファブリックボックスが出来上がります。

ボビンレースもできてます。黒いレースにチャレンジされた方も。ラリエットはどのクラスでも好評です。

English Lace Club - VineのHPはこちらから
[PR]
by vinelace | 2008-10-02 18:46 | 皆さんの作品